カードローンの返済方法って?ぜひ知っておきたい3つの方法

カードローンの返済方法は一般的にリボルビング方式となっており、その中でも元利定額方式がもっとも多いです。ここでは、あまり知られていない、カードローンの返済方法と返済方式について詳しく書いてみたいと思います。

分割払い

長期間の返済ではもっとも多い返済方法がこの分割払いでしょう。ですが、カードローンの分割払いは、はじめの元金にかかる利息がそのまま上乗せされた金額が回数によって分割されるので、通常ですと減っていく元金に対し金利がかかる方式と比較すると、トータルの支払い額が多くなってしまうデメリットがあります。
また、カードローンを利用するたびに再計算されてしまうので、返済が大変になり、もっともポピュラーな返済方式かもしれませんが、カードローン業界ではほとんど利用されていません。

リボルビング払い

リボルビング払いはカードローンの返済方式でもっともポピュラーなものです。リボルビング払いとは、単純に言うと、返済するべき元本に対して利息がかかってくるもので、借り入れ残高が減るにしたがって利息が減っていくメリットがあります。
なお、リボルビング払いにも色々な返済方式がありますが、大きく分類すると低率リボルビング方式や、定額リボルビング方式、残高リボルビング方式の3つとなっており、残高リボルビング方式の中でも残高スライド元利定額リボルビング方式がもっとも多くなっています。
残高リボルビング方式とは、借り入れしている金額によって、段階的に決まった金額を毎月返済するといった方法なのですが、もっとも多い、残高スライド元利定額リボルビング方式には、元本が減っていきにくいデメリットがありますが、限度額の範囲内なら何度でも借りたり、返したりできるカードローンには一番合っている返済方式だと言ってもいいでしょう。

元利均等払い

最後に、元利均等払いについてです。
これは、利息と元金を合計した金額を毎月一定の返済額で返していく方法で、住宅ローンによく利用されている方法です。長期的に返済する場合、計画的に支払っていけるメリットがありますが、返済当初はほとんど利息を払っていることになるので、元金が減りにくいというデメリットがあります。

返済方法を理解して申し込みを!

以上がカードローンの返済方法3つでした。それぞれの違いをしっかりと理解した上で、カードローンの申し込みをするようにしましょう。ぜひご参考になさってみて下さいね。