カードローンの審査基準

カードローンを申し込みする場合には、審査があります。では、カードローンはどのような審査基準になっているのでしょうか?ここでは、カードローンを申し込みする場合の審査基準についてご紹介しましょう。

カードローンは便利

生きていると、お金が突然必要になる場合が多くあります。カードローンで借金するというのは、イメージがあまりいい言葉ではありませんが、スムーズに返済することができると、後の暮らしに影響が出る場合も全くありません。カードローンは、使いやすい庶民的な感じで利用するといいでしょう。十分に審査基準を把握して、金利のできるだけ低いところを利用しましょう。

消費者金融は緩めの審査

消費者金融の場合には、緩めの審査で借入が即日できます。カードローンの消費者金融系のものは、一般的に緩い審査基準であると言われています。緩いということでも、借入が誰でもできるということではありません。ここでは、クリヤーすべき最低限の基準についてご紹介しましょう。

消費者金融の具体的な審査基準

収入が安定していることが、消費者金融の審査基準になります。このことが、最も大切なポイントです。収入が安定していると言うと、カードローンを利用することを躊躇するようになってしまう場合があるかもしれません。しかしながら、基本的に雇用スタイルは関係ありません。アルバイトでもパートでも派遣でも、定期的な一定以上の収入があると、借入することができます。総量規制の枠内であるかが、消費者金融の審査基準になります。総量規制が2010年に施行されたことによって、借入を個人ができるのは年収の3分の1までになりました。この年収の3分の1をオーバーする額を借入する場合には、基本的に審査には受かりません。しかしながら、ある程度まとまったお金を、金利が高い代わりに貸すような金融機関も例外的にはあります。審査に確実に受かるためには、総量規制の枠内に借り入れしたいと思っている額が入っているかの確認も大切です。

過去の返済の状態や他の金融機関からの借入が、消費者金融の審査基準になります。他のカードローンですでに総量規制の枠一杯まで借り入れしているような場合は、審査がやはり厳しくなってきます。さらに、金融の過去の事故歴についても確認されるため注意しましょう。過去の事故歴は、信用情報機関に登録されています。延滞のちょっとしたものであればいいかもしれませんが、督促を何度も受けたことがあるような場合は、審査に受かるのは難しいでしょう。

消費者金融の審査基準を把握しておく

カードローンを利用する場合には、消費者金融がおすすめです。消費者金融を利用する場合には、このような審査基準について把握しておきましょう。