カードローンの審査の場合の在籍確認

カードローンを利用したいと思っている人も多くいるでしょう。しかしながら、カードローンを申し込みすると、審査の場合に在籍確認があるため躊躇している人もいるのではないでしょうか。

在籍確認の電話がカードローンの審査の場合にはあるか

基本的に、在籍確認がカードローンの審査の場合にはあります。この在籍確認は、申し込みした人が、間違いなく申告した勤務先にいるかということを確認するものです。
しかしながら、カードローンを申し込みした場合に、在籍確認がすぐにあるということではありません。本審査まで進むと、確認の電話が勤務先にかかってきます。当然ですが、在籍確認は個人の信用情報を調査している時にはありません。逆に言うと、在籍確認の電話がかかってくるのは、いい方向にカードローンの審査が進んでいるとも言えるでしょう。

カードローンを誰にも分からないように利用することができるか

お金をカードローンで借りる場合には、会社や家族に分からないようにしたいという人が多いでしょう。このような場合に最も不安なのが、在籍確認がカードローンの審査であることでしょう。在籍確認は一般的に個人名で電話がかかってくるため、余程のことがなければカードローンの業者からの電話であるということは分かりません。
しかしながら、電話が普段かからないような職場や家庭の場合には、電話がかかることそのものが不自然であるという場合もあるかもしれません。このような場合のために、契約が在籍確認無で可能なカードローンについてご紹介しましょう。

必要書類を出すと借入が在籍確認無でできる
カードローンを申し込みした場合には、一般的に電話連絡がどの業者でも必要になります。しかしながら、業者によっては、きちんと電話連絡が不可であることを伝えて、必要な書類を出すことによって、電話がかかってくるのを止めることができます。
必要な書類としては、勤務の客観的な状況を確認することができるようなもので、会社名が書かれている健康保険証、給与明細書の直近2ヶ月のものです。このような書類を出すと、基本的に審査を電話連絡無でも行ってくれます。
このように、電話連絡が不可であることを伝えて、必要な書類を出すことによって、カードローンを電話連絡無で利用することができます。しかしながら、カードローンの全ての業者が、契約を電話連絡無でできるということではないため注意しましょう。

在籍確認が無いものがおすすめ
カードローンを利用する場合には、カードローンの審査の場合に在籍確認が無いようなものを利用するのがおすすめです。